吉野 奈々子ワンストップロジ部2013年入社

お客様のためには妥協せず、
とことん考えつくす。
すべての経験は、私を成長させてくれます。

使う人の立場で、使いやすさにこだわったシステム企画をめざす。

吉野 奈々子の仕事風景

私は、お客様の課題を解決するためのシステムの企画を担当しています。業務効率化をめざし、アナログで人手も時間もかかっている業務のシステム化を提案しています。たとえば、ファックスやエクセルでやっていた手作業の仕事をシステム化し、効率化を図るのもそのひとつです。画面の構成から機能を決めるまで、すべてのシステムを、初めて一から手掛けた時は苦労しましたね。お客様の要望だけではなく、実際に使う人、ユーザー目線を大切に、使いやすくするための機能を組み込んだり、見せ方にもこだわりました。お客様のニーズに合わせて基本のパッケージをカスタマイズする時も、使う人の立場に立ち、必ず自分なりの工夫やアイデアを盛り込むようにしています。自分が提案したシステムで課題が解決でき、お客様に喜んでいただけた時はうれしいですね。仕事を重ねる中で自分自身もレベルアップし、以前までは提案しきれてなかったことまでクリアできるようになると、成長を感じるし、やりがいも大きくなります。

吉野 奈々子

柔軟な対応力と妥協しない姿勢で、
より良いシステムを。

他のシステム会社では、基本のパッケージから変えられない機能があったり、追加できない項目があるケースが多いようです。その点、竹田印刷では、お客様が求めるならそれにお応えしようという柔軟な対応力があります。また、何でも自社で解決しようとするのではなく、外部のリソースも上手く組み合わせていく。こうした柔軟な姿勢が、お客様にご満足いただけるカギになっていると思います。私たちは、お客様のためには妥協しません。果たして本当に使いやすいものになっているのか、完成したものに心残りがないよう、より良いものになるようとことん考えつくす。そのためにも、普段から参考になるサイトや仕組みを調べたり、展示会やセミナーに足を運び情報を収集したり、いろいろな引出しが持てるようにしています。
竹田印刷は、印刷事業にとどまらず、事業の幅を拡大しています。私も、いろいろな分野の方と仕事をする機会が増え、学ぶことも多いですね。それぞれ得意とするところがあり、仕事の取り組み方も勉強になる。すべてを糧にして、もっともっと成長していきたいと思います。

ある日の一日ある日の一日

8:45
チームミーティング

チームメンバーで今日の予定を共有し、納期やそれぞれの業務量に応じて、フォローしあえるよう調整。

9:15
システム部との打合せ

案件で関わりの多いシステム部門とは、週に一度のペースで定期的に打合せを行い、開発の進捗確認や、次期開発予定をすり合わせる。

12:00
昼食

持ってきたお弁当を食べたり、気分転換に外に出て買いに行ったりして過ごすことが多い。

14:00
社外打合せ

営業と共にお客様のもとへ赴き、打合せ。一歩踏み込んだ提案ができるように、お客様が意識していなかった課題もつかめるよう心掛ける。

16:00
ヒアリング内容整理

社内に戻り、ヒアリングしてきた内容をもとに、企画内容を考え、お客様へのご提案資料作成や、内部展開用に情報を整理。

退社